チャーチル AVRE Mk.IV タミヤ 1/48 製作記

2019.7.5初出



最終更新日



■ はじめに 

 チャーチルの本命、AVREを開始する。タミヤのMk.VIIをベースに、砲塔、砲、車体前面、側面を3Dプリンタで新造して置き換えるのだ。さて、AVREとは、Assault Vehicle Royal Engineer の略で和訳すれば戦闘工兵車。英陸軍の工兵って「女王の技術者」と呼称されるのだね。ちなみに、古来エンジニアとは軍事技術のことであり、18世紀にそこから民生技術が派生し、Civil Engineerと呼ばれる。ちなみに、現在ではCivil Engineerとは土木技術をさす。機械工学、電子工学が生まれるのはもっと後の時代。

 話を戻す。AVREは、チャーチルMk.IIIおよびMk.IVの車両をベースに、主砲を290mm迫撃砲に換装(なんでミリ単位?)、工兵車両としての各種アタッチメントを取り付けたもの。記録写真を見ると、そのブラケットや履帯などにバリエーションがある。ここで、チャーチル各型の違いをwikiでざっとおさらい。

Mk.I:小型の鋳造砲塔に2ポンド砲を搭載。砲塔正面の縦3本のスリットが特徴。車体左舷に3インチ榴弾砲。
Mk.II:砲塔と主砲はMk.Iと同じ。榴弾砲を機銃に換装。
Mk.III:大型の鋼板溶接砲塔に6ポンド砲を搭載。この砲はマズルブレーキがないことで見分けられる。
Mk.IV:鋳造砲塔に変更。他はMk.IIIと同じ。北アフリカではシャーマンの75mm砲に防盾ごと交換したものもあり、チャーチルNA75と呼ばれた。また一部は英国製75mm砲(オードナンスQF75mm砲とも呼ばれる。マズルブレーキあり)が搭載された(資料によってはこれをMk.VIとするものあり)。
Mk.V:鋳造砲塔に95mm榴弾砲を装備。砲塔はMk.IV/VIに似ているが、正面開口部の形状が異なるらしい。
Mk.VI:Mk.IVの鋳造砲塔の下部にカラーをつけて装甲を強化したもの。主砲は英国製75mm砲。車体形状は基本的にMk.IからVIまで同じ。
Mk.VII:タミヤがモデライズ。装甲が強化された新型鋳造砲塔にQF75mm砲を搭載。車体装甲も強化され、車体前面、側面装甲板や脱出ハッチなどのデザインが変更された。
Mk.VIII:VIIの車体、砲塔に95mm榴弾砲を装備。


■ 3D設計

 まず、砲塔から設計。鋳造砲塔の基本形は、側面形と平面形を押し出して交差し、角をフィレットで丸める。各部のフレットの直径など厳密には違うかもしれないが、これ以外の作り方は思いつかない。砲塔の基本形状、寸法は、文献-5の製造図転載と思しき図面をベースとして実車写真で検証する。下面の円形断面につながる部分は、実物と形が少々違うが、私の設計スキルでは再現不可能。ま、パテでも盛ってやれば簡単に再現できるので、実用上は問題なかろう。設計するにあたって、1/35キットもネットで調べたけど、一部のキットは砲塔の基本形状が似てないな。前面が平ら過ぎる。

 迫撃砲に関しては、やや斜めの写真から寸法を起こしており、精度は甘い。ま、気になる人は、尺度コマンドでちょうどいい大きさにしてくだされ。



押し出して、交差する。このあとフィレットで面取りして、内部はシェルで1mm厚さにくり抜く。

設計では若干クドめにした方が、出来上がりの印象がよい気がする。ハッチのスジボリは幅0.35mm深さ0.5mm。

できあがり。バリエーション違い(後述)は、タイムラインで遡って変更可能だ。

後から。荷物箱はキットを使う。


 ここまでの作業量をざっと数えると、約300工程。これは、タイムラインで表示されるアイコンを1工程と数えたもの。「1.スケッチ」して「2.押し出す」と2工程となる。プラモデルの金型設計の大変さがよく分かるよ。


■ お持ち帰りその1

 では、お持ち帰りコーナー。迫撃砲は、別ロットにして、立てて出力する方が結果がよいと思う。砲塔は普通に水平がいいかな。ハッチ表面がきれいに仕上がる。側面や上面前半には積層跡が出るけど、鋳造肌をパテで再現すれば、必然的に消えるから、これも実用上は大丈夫だろう。

チャーチルAVRE砲塔 ダウンロード


■ 砲塔の考察

 3D設計するために、実車写真をよく観察すると、各部にバリエーションがある。まず、砲塔下部のカラーに形状違いがあり、これは上述のIVとVIの違いか。砲塔上部のベンチレータの位置は、拙作は真ん中付近だが、左端直近、それよりやや内側寄りの3種類がある。時期によって変化するという気もするが、詳細不明。車長ハッチの形状は、長方形のものと、台形っぽいものと2種類。これも使い分けの法則は不明。

 上面後部のアンテナもいくつかのバリエーションがある。拙作はVIIと同じ配置だが、これは後期の少数。リング付き柱が右舷にあり、中央にアンテナなしが多数。ハッチの固定具もバリエーション。言葉では説明困難なので、気になる人は写真を見てくれ。キットはただの四角いカタマリだし。鋳造のパーティングライン(というのかな?)も下寄りとやや上寄りとあるが、製造工場の違いなのか? 迫撃砲もバリエあるけど、そもそも細部がよく分からないし。


■ 砲塔プリント 7/15追加

 データが出来たので出力する。まず砲塔。テストショットは水平配置で0.05mmピッチ。砲塔側面や前半上面に積層跡ができるが、鋳造表現することを考えれば、ほぼ実用レベルの仕上がり。若干気になるのが、キューポラ外周のリングやペリスコープで、斜めになっているため積層跡が目立つ。そこで、0.02mmピッチとしてみる。キューポラ等の積層跡は改善されるが、砲塔側面の積層跡がさらに目立ち、側面ハッチの再現性も劣る。結果として、0.05mmにしてキューポラ等はペーパーで積層跡を削り落とす方がいいかな。砲身は垂直に立てて0.05mmピッチがよさそう。横状態では発射筒に歪みが生じる。



層厚0.05mm、照射時間10秒にて出力したもの。写真だと積層跡は見えないが・・・

砲身。どちらも立てて出力したもの。歩留まり等を考慮して余分に作るのが吉。



■ 車体側面の3D設計

 続いて車体側面の変更部分を設計する。正確な形状、寸法を出すため、キットの側面図を下絵とし、実車写真をトレースして、Inkscapeで概略図を描く。それが下図。青線はMk.VII。話は前後するが、砲塔&砲身も同様の手順を踏んでいる。3D設計は、概略図さえ出来上がれば、とくに難しいところはない。




 車体側面は、装甲板ごと一体で設計することも可能。しかし、薄い板状のパーツは、出力すると湾曲してしまうことが多い。そこで、ハッチ、アタッチメント基部などパーツごとに分けて出力し、側面装甲板そのものはキットをベースに変更部分をプラバンで製作することにする。出力方向は、側面が上になるようにした方がよいかな。

 さて、実車写真を調べると、砲塔同様にバリエーションがある。側面に装甲板が追加されたタイプも多く見受けられる。これもカッコイイが、上述の湾曲問題の懸念あり。ということで、追加装甲板なし。また、アタッチメントのボルトについても、周囲が筒状になっているものがある。



設計した各パーツ。マッドシュート(左端)も設計するが、プラバンで作った方がいいだろうな。

左画像の拡大。ボルト周囲の凹みなど、設計するのは簡単だが、出力すると再現されず、ただの自己満足。



■ お持ち帰りその2

 では、恒例。

チャーチルAVRE側面 ダウンロード


■ 側面プリント 7/27追加

 側面ハッチその他を出力。側面が上になるように配置する。ハッチは上下の装甲板も一体として、そっくり置き換える算段。



十分実用に耐える出来具合。このくらいのサイズであれば、湾曲もほとんど目立たない。



■ 車体前面の3D設計&出力

 続いて車体前面の設計。キットを採寸し、実車写真を元にInkscapeで作図。それをFusion360に取り込んで設計する。当初、基本的形状、寸法はMk.VIIと同じだと思って設計したものの、よくよく写真を見るとちょっと違うみたい。正面上部が縦に長く、その分だけ上面の傾斜が緩い。で、この傾斜と車体側面装甲板の前上部の傾斜とが一致するようだ。

 出力が厄介。光造形プリンターの宿命として、モノが大きくなると完全なる平面に主力するのが難しくなる。完全硬化させると湾曲してしまうのだ。そこで、下画像のような補強枠を付け、硬化後に切り取る。この枠が、曲がろうとする内部応力に抵抗してくれるわけ。



修正後の車体前部。前面上部は一旦設計したものを縦に10%程拡大し、ボルト類を再配置。

積層痕を出なくするため、出力はこのように各面を上にする。補強枠はこのくらいの高さが必要。

裏側はこんな感じ。天井は、「面の移動」(←fusion用語)で、わずかに傾斜させると、サポート不要となる。

出力して、不要部を切り取り、表面を軽く磨いたところ。



■ お持ち帰りその3

 出力時の補強枠はつけてないので、各自出力条件に合わせて取り付けられたし。タイムラインを遡ると、泥縄ぶりがよく分かると思う。

チャーチルAVRE前面 ダウンロード


■ 組み立て開始 8/3追加

 スピ1は、胴体リベッティング中で特段記事にすることもなし。リベットに飽きて、チャーチルの組み立てを始める。



3Dパーツはジャストサイズで設計してるので、キットの干渉する凸部分を切り取る。

IV型あたりでは、車外電話の取り付け位置、形状が異なるので、切り取ってプラバンで埋める。電話はあとで3Dプリントする予定。

3Dパーツ自体も、干渉部分を削って調整し、慎重に位置決め。瞬間で接着する。

車体上部と砲塔を仮り組み。ハッチ前方のペリスコープ、ベンチレーターの配置が異なるので、切り取ってプラバンで置き換える。



■ 履帯の3D設計&出力

 3Dはまだまだ続く。次は履帯だ。一応キットの履帯でも十分に用は足るのだが、折角なので自作する。キットと全く同じでは芸がない。IV型などに多く見られる接地面の凹溝が短いタイプにする。実車写真で履帯が正面から撮影されたものを背景に取り込み、これをベースに設計。ピッチなどはキットに合わせる。でないと起動輪がはまらなくなるからねえ。



設計出来上がり。サポートを呼び込むピンもつけてある。

裏側。接地面の裏側の凹みがポイント。パーツの厚みは0.3mmで設計。転輪が乗る部分の違いにも注目。左右平行が正解。

出力した状態。プリンタ(orスライサ?)のバグで一部出力不良がある。ディテールの彫りの深さがキットとの差別ポイント。

裏側の凹みがいい感じだ。キットは全く再現されない。中央の穴も開いてないし。



■ お持ち帰りその4

 ファイルは左舷用+追加装甲用。右舷はミラーコマンドで反転されたし。出力はピンを下にするのがベスト。

チャーチル履帯 ダウンロード





 そういや、シーフュリとMe262の完成写真がほったらかし。夏休みの宿題にしよう。もひとつお知らせ。機体外形検証+図面作成プロジェクトに着手。あの超メジャードイツ機だ。乞うご期待。


■ 車体側面 8/21追加

 こちらも、のんびり進行中。車体側面パーツは、切り刻んでプラバン細工。図面が出来ているので、これを写しとれば簡単に自分のイメージどおりになる。そこに3Dプリントしたパーツを取り付ける。脱出ハッチはキットパーツを四角く切り取ってはめ込む。起動輪の後方、上下履帯に挟まれる車体部分は、Mk.VI以前の型ではVIIと形状が異なる。これも1mmプラバンで工作。位置、角度は、車体側面装甲板の斜めのカット部に一致する。



3Dプリントのパーツは、裏面の凸凹を削る。接着は流し込み系。側面パーツはまだ車体には接着しない。

車体上面、砲塔と組み合わせてみる。あとは履帯を取り付ければ基本工作終了だ。



■ お持ち帰りその5

 車外電話、携行燃料(オイル?)缶、履帯レール、車幅灯、アンテナマストを設計。アンテナ、車幅灯は、一応普通のレジンでもなんとか出力できるが、かなり折れやすい。タフレジンを使うとよいだろう(と書きつつ、買ったのにまだ試してない)。







チャーチル小物パーツ ダウンロード










■ 参考文献

 シャーマンに比べると少ないかな。調べればまだあるかも。文献-5は、割と信頼できそうな三面図や細部図があったり内容充実。


1 Armor At War 7002 D-day tank warfare Concord
2 Armor At War 7027 British Tanks of WW2 (1) France & Belgium 1944 Concord
3 Armor At War 7028 British Tanks of WW2 (2) Holland & Germany 1944-1945 Concord
4 Armor At War 7068 British Armor in Sicily and Italy Concord
5 Mr.Churchill's Tanks The British Infantry Tank Mark IV Schiffer
6 New Vanguard 4 Churchill Infantry Tank 1941-51 Osprey
7 New Vanguard 136 Churchill Crocodile Flamethrower Osprey
8 Wydawnictwo Militaria 315 Churchill Warszawa







Wings Of Pegasus HOME