メッサーシュミット Me262 A-1a エアフィックス1/72 製作記

2019.5.2初出


最終更新日へ





■ はじめに 

 令和初日の更新とはならず、一日遅れ。隠し玉その2はコレ。幽霊と海怒の箸休めにいじってたのだ。製作途中で3Dプリンタを購入し、キャノピを3D木型のヒートプレスに置き換える。あとはキットのスジボリを細めたり、機銃口をシャープにしたり。

 外形に関しては、厳密にチェックしてないけど、キャノピ回り以外は気になるところはない。キャノピは例によって窓枠を削り落としたら2回りくらい小さくなり、風防正面窓の傾斜が立ちすぎ。スジボリは過不足があるので、セケツなど参考にすべし。



基本パーツ組み立て終了。ナセルと翼の合わせは悪い。瞬間+プラ粉を盛る。機銃口はテンプレート作ってスジボリ。

キットのキャノピの枠を削り落としたところ。風防のイメージがちょっと・・



■ 図面作成

 3D設計の前に、2Dの図面を描く。アウトラインイメージに直結するパーツなら、この手順は不可欠だ。実機写真を何枚かトレースして、胴体とキャノピの線を引く。胴体とキャノピのバランスが重要。




 ちなみに、実機写真と重ねるとこんな感じ。なお、フライアブルなレストア機(レプリカ??)は、キャノピラインが違っているものがあるので注意。これはないだろ、ってな違い具合だぞ。



側面形ではこの写真がベストではないかな。やや後方からの撮影。






■ 3Dデータ作成

 これ実は、プリンタ購入直後くらいに作成したもの。ロフトの扱いがよく分からなくて相当苦労。試行錯誤の繰り返しで、タイムラインの途中経過もぐちゃぐちゃ。結局、風防は、後端の断面を押し出して余分をカット。以降は機軸直交の断面をいくつか描いてロフトでつなぐ。途中で凹みが入るので、適宜レールを加える。これ、当初は窓枠の位置で断面図を描いてロフトしたけど、そんなの上手くいくわけない。出来上がり寸法で描いて、絞りパーツの厚み分だけ縮小する。



できあがり。

スケッチを表示。


 そして、3Dプリンタ出力までが、去年の秋頃の話。そこからしばらく熟成。


■ ヒートプレス

 静岡のお題の目途がついたところで、キャノピに取り掛かる。ヒートプレスに置き換える場合は、後方の金属部分も一体で抜いた方が、遠回りそうで実は楽。窓枠下辺の台形をキットの胴体に合わせて成形するのは、かなり難易度が高い。やってみれば、分かる。出来上がって実機写真と見比べると、正面窓の幅が少々狭い悪寒が・・・



0.3mm透明プラバンを絞る。レジンの色を見れば出力時期が分かる。この緑色は一番最初のやつ。

切り出してざっと整形。イメージ確認のため窓枠を鉛筆描き。キットのキャノピ後方金属部は切り飛ばす。

テープをガイドにエッチングソーでスジボリ。木型にはめて作業する。細い窓枠は、0.3mm間隔のダブル針で。

スジボリ終了。頂部の窓枠のスジボリは、隼II型と同じ手法。風防のイメージがちょい違うんだけど、このまま進める。


 補足。木型は厚さ1mm程度に出力。中にエポパテを詰める。キットのキャノピと胴体の分割ラインは、実機より1mmほど下にある。プラバンを貼って嵩上げ。あとは磨いて接着。機体を塗装してキットの小物をつけたら完成。マーキングは決めてある。インレタも作ってある。静岡に間に合うか??


■ お持ち帰りコーナー

 一応、データファイルをアップしておく。正面窓の幅が気になる向きは、センターで割って少し広げてくだされ。

Me262キャノピ木型 データファイル ダウンロード


■ キャノピ接着 5/5追加

 静岡に間に合わせるべく、どんどん進める。コクピット内部をやっつけ、キャノピ接着。シートベルトにJu87の残りのナノアビを使おうと思ったら、引っ越しに紛れて行方不明。買いに行く時間が惜しいから鉛板で作る。



キャノピ後方金属部を切り飛ばした都合上、間仕切りをプラバンで追加する。形状は現物合わせ。

翼端灯をクリアー化。薄すぎて、ピンバイスによる電球表現ができない。

キャノピ接着。なお、シートはキットパーツ。ベルトは鉛板。照準器、T形フレームを追加。以上。

胴体との隙間をタミヤパテで埋める。セロテープでマスキング。燃料注入口をスジボリ。



■ 塗装考証

 塗&マは、ノヴォトニー隊の白4番機(W.Nr.110400)に決めてある。当機はRLM81/82/76の迷彩とされ、尾翼は型紙による特徴的な斑模様。この81/82の色調が問題。いろいろ悩んだ結果(考証協力うずまき氏)、初期のMe262における81は、後期とは色調が異なり青味がかなり強く、また82も後期よりやや青味が強い(82に関しては、もしかすると同じかも)、と考えるとスッキリする。その色調は、世傑115号の3~5ページにあるV303、V167と同じ。このカラー写真の上面色はかなり青く、茶色味は全く感じられないよね。尾翼塗装からみて白4番はこれらと製造時期が近く、同じ塗料と考える方が自然だ。



言葉だけでな何なので、画像を拝借。V303(W.Nr.170303)。


 一方、世傑折り込みカラー図白3番(W.Nr.500071)などの81/82は後期のもので、オリジナルカラー写真を見ても、81は茶色味が強い。82も前期よりやや明るく黄色味が強いかな。



某歩回本より画像を拝借。W.Nr.500071は後期の81/82。


 白4番のモノクロ写真では上面は一色のようにも見える。これはたぶん前期の81/82は明度差が小さいからだと思う。V303では、垂直尾翼の暗緑色は、胴体の81より暗く青い。明灰色も胴体の76より白っぽい。垂直尾翼は下請けで製造・塗装され、手近なペンキで塗ったのだろう。これが83なのか81のバリエーションなのか、別の何かなのか(70とか?)は分からないが、模型ではカラー写真を再現するだけ。



ええいっ、ついでじゃ。ノボトニー隊白4(W.Nr.110400)。



■ 調色

 ま、要するに、V303のカラー写真の色でモケイを塗るという単純な話。で、そのイメージで調色する。81は、クレオスC121RLM81とC15暗緑色(中島系)と同明度のグレイが2:1:1くらい。82はC122RLM82とC15が2:1に黒で明度調整。両色は試し塗りで少々暗く感じて、白少量追加。下面はC117RLM76のビン生。尾翼の暗緑色は自作81に黒を追加。尾翼の明灰はC117に白を混ぜる。左舷エンジンナセルには、正体不明の中間色がある。パネルごと交換した感じ。既存塗装図はグレイにしてる。これはC13ニュートラルグレイのビン生。



いつもの須比人君で試し塗り。右舷はビン生のクレオス81/82。機首は左舷ナセルのイメージで。



■ 塗装

 色が決まれば、あとは塗るだけ。いまいち写真のイメージに合致してないが、気にしないことにしよう。



サフ吹く。

迷彩色終了。翼上面は推測で公式パターンにする。ぼかしは全てフリーハンド。

黄帯は塗装。単身先にRLM04がなくて、自作オレンジイエローとジンクロイエローを1:1。

尾翼は面相筆手描き。銀(タミヤラッカー)とグレイも筆塗り。国籍マークと機番はインレタ。尾翼のアレは黒白の重ね貼り。


 コーションを貼ろうと思ったら、キットのデカールが行方不明。いくら探しても出てこない。たぶん掃除のときにゴミに紛れて捨てたんだろな。もしコーションが余ってる方がいたら、提供頂けると嬉しい。


■ ほぼ完成

 脚を取り付け、ウェザマスウオッシュして90%完成。もう少し汚しを追及したいし、小物もやっつけ仕事でやり直したいが、時間がない。この状態で静岡かなあ。途中の製作記事は後程。参考文献も後程。





 モノクロ変換してみる。う~ん、どうだか。81/82は模型に塗るにはもっとスケールエフェクト効かせて明るくすべきか。






■ 細部 5/19追加

 今回更新は、前回記事を端折った静岡前の作業。キットの前脚は、折れそうだしディテールもなんだしで自作する。脚柱本体は1.0mmアルミパイプ。アルミである必要はなく、たまたま直径が合うから。そこに0.5mm真鍮線を通し、オレオ部は0.8mm真鍮パイプを通す。フォークとタイヤはキットパーツで、真鍮線はタイヤまで串刺しにする。キットのタイヤにモールドはないが、当機もこのタイプ。脚柱の一段太い部分はマスキングテープ。瞬間で端を止める。鼻先が上がったMe262独特の駐機姿勢になるように、脚柱長さを慎重に決める。

 主脚は全てキットパーツ。正確度、モールドとも甘いけど、よく見えない箇所なのでスルー。当機のタイヤはたぶん亀甲形のトレッドあり。キットも一応モールドがあるが、パーティングラインを消す段階で消えるので、いっそツルツルにしてしまう。脚カバーは2枚が一体になってるけど、よく見えない場所なのでスルー。タイヤは、キットのままでは前から見て逆ハの字になる。平行になるように調整。

 ピトー管は0.5mm真鍮線の先を段差状に削る。機銃カバーの水滴状ブリスターは、初期生産型にはなし。おそらく当機もなし。機銃口は、ピンバイスで貫通、真鍮線を通しつつタミヤパテで補修、針ヤスリで整形。周囲の楕円形パッチは、キットのモールドを削り落とし、透明プラバンのテンプレートでスジボリ。

 前脚カバーの内側、前脚柱は世傑カラー写真よりRLM02グレイと判断。ホイルは黒。主車輪カバー(胴体中央の小さいやつ)の内側はRLM76のように見える。その他の塗色は不明で、既知部分からの類推。脚収容部は銀またはRLM02。歩回本の現存機だと、主脚収容部は、基本無塗装で部分的にRLM02で塗られたような感じ。生産時期によっても違うのだろう。



タイヤから脚取付部まで、0.5mm真鍮線を通す。フォークとタイヤの間の真鍮線は、完成後ほとんど目立たない。

塗装して機体に接着。ブレーキラインは0.3mm鉛線。

主脚部分は全てキットパーツ。台形の車輪カバーだけは交換しようかどうしようか・・・

前脚カバーもキット。こちらも交換したいな・・・


 ところで、キットのエンジンは、上から見てややハの字(後ろ広がり)なんだけど、実機って、どうなの?


■ 塗装、ウェザリング

 塗装して、インレタの国籍マークを貼ったら、81/82と76の境界線が違ってる。この類、気になりだすと気になるのだよ。タッチアップして修正しよう。インレタの上から直接マスキングテープを貼ると、持っていかれる恐れ。そこで、一旦フラットクリアを吹く。たまぐりリベットがあるなら埋まるからNGだが、スジボリだけなので大丈夫。ウェザリングは、ウェザマスのウォッシング。迷彩色より明るいスミイレは、シーフュリーで試して気に入ったので、今回も採用。



画像を拝借。十字の中央は暗色が大部分。

タミヤテープの細切りでマスク。多少誤差があっても、薄く吹くだけなので、大丈夫。

修正後。境界のモヤモヤ感も修正。背中のループアンテナは0.2×0.5mmの洋白帯金。

使うウェザマスはこの木甲板(Deck Tan)。


 以上が静岡前の状態。その後の追加作業は次回で。


■ ETC50ラック

 ETCラックって、オートバックスあたりで売ってそうだね。さて、Ju87用にETCラックを3Dプリントする。記録写真では、主翼の陰で詳細不明だが、幸いネットに現存品の写真がある。併せてマニュアルの図をベースにモデリング。一部は推測。



前方(右側)のアームは90°スイングする。一応両方モデリング。こういうのは簡単。

出力してチャコールグレイで塗る。切れは甘いが、それなりにディテールも再現される。そもそも1cm程度の部品だし。




ETCラック データファイル ダウンロード


■ 完成 6/2追加

 静岡後に未完部分をやっつける。以下画像で。



コーションデカールは、未だ行方不明。別の方法に切り替える。白と黄色のベタデカールを、三角に切る。

重ね貼りで三角目玉焼き出来上がり。機銃アクセスドア下の白四角もデカール。

主翼のウォークウェイは作り置きのインレタ。1/48を意図したものなのでオーバーサイズ。面相筆チッピングも加える。

ナセルの小エアインテイクは0.5mmプラバン工作。面相筆で塗装する。ナセルの赤丸はインレタ。

前脚ドアは0.3mmプラバンの2枚重ね。穴を先に開けてから周囲を切り取る。

塗装して取り付ける。

主車輪ドアも、いつもの写真撮影のアングルでは見えるので、キットパーツをベースに作り直す。これは改修前。 。

プラバンや延ばしランナーのリブを追加する

胴体下面のモラーヌアンテナは、0.2mm真鍮板をハサミで切り抜き、0.2mmプラバンを貼る。ちょい太過ぎるな。

アンテナ線が問題。キャノピに穴を貫通させられないから、バイスで凹みを彫ってナイロン糸を瞬間で点止め。


 補足。チッピングはミディアムシーグレイからエクストラダークシーグレイまで3種類くらいのグレイを使い、場所により使い分ける。最も明るい箇所は銀。アンテナ線は、垂直尾翼上端にナイフで機軸方向の切込みを入れ、そこに糸を挟んで瞬間で止める。テンションはかけられず、接着後にドライヤーで糸を収縮させる。

 以上で完成。写真はシーフュリーと併せて後ほど撮影予定。


■ 完成写真 9/10追加

 完成後、早3カ月。夏休みの宿題なのに、学校始まっちゃったよ。ナイロン糸のアンテナは、湿気で弛んできたので0.08mmの極細テグスに張り替える。大昔に買って、あと残り少ないけど、近年このタイプは売ってない。困ったなあ。

 完成品の写真と実機写真を比べる。製作中は機首が若干細いかな?と思ってたけど、ほとんどピッタリ。自作のキャノピもアウトラインはばっちり(実機写真を基に3D設計したのだからアタリマエ)。でも、窓枠の位置がズレてるな・・ 反省。また、キットの垂直尾翼は、やや小振り。あと、エンジンナセルがやや細い気がするが、遠近法の影響が出やすい部分なので確証いまいち。

 本作品は通説とは異なる(?)RLM81/82の色調の解釈が一つの売りなんだけど、改めて根拠のオリジナルカラー写真と見比べると、暗い方の緑の色調が違うな。写真はもっと暗い。ただ、もしかすると、この暗い緑はRLM81ではなく別の色(例えば70とか)で、81/82の上から斑点状にオーバースプレーされた可能性もあるのでは? 





























 さて、改めて眺めると、これまでの流れを超越し現代にも通用する革新的デザインと、旧来の延長線上デザインとの融合が興味深い。主尾翼は先進の後退翼。最新のエアライナーと同じ翼下搭載のエンジン(どちらも現代のジェット戦闘機と比べ相対的にエンジンが非力という点は考慮に値する)。一方で、胴体は以前の設計思想の踏襲。つまり、同社Bf109を、カットダウン胴体、エンジンに代えて機銃装備、燃料(と下方視界)のためのオムスビ断面に変更しただけ。水平尾翼配置も109と同じだ。




■ 参考文献

 新版世傑115号は、実機の細部や型式の違いなど詳しく解説されている。これが日本語で読めるなんて。必携。一つだけ偵察型のカメラについて重箱の隅。左右のカメラで一部重なるように撮影したのでは、立体的に見えない。カメラは1台でもよいのだが、一部重なるように時間差で撮影する(飛んでいるから撮影位置がズレる)ことで立体視できる。

 文献-8は、ノボトニー隊白4の左右両舷の写真とカラー図がある。文献-11のモノグラム本は、相当古いが、RLM81/82のカラーチップは3パターンが示され、その中には拙作のような緑系もある。モノ本、奥が深い。


1 新版 世界の傑作機 No.115 メッサーシュミットMe262 978-4893191366 文林堂
2 新版 世界の傑作機 No.2 メッサーシュミットMe262 - 文林堂
3 旧版 世界の傑作機 No.17 メッサーシュミットMe262 1971年4月 - 文林堂
4 Messerschmitt Me 262 Walk Around No.42 0-89747-500-3 Squadron/Signal Publications
5 Messerschmitt Me 262 1-86126-078-4 Crowood Press
6 Warbird Tech Volume 6 Messerschmitt Me 262 Sturmvogel 0-933424-69-8 Specialty Press
7-1 Combat Aircraft 83 Me 262 Bomber And Reconnaissance Units 978-1-78096-872-8 Osprey
7-2 Aviation Elite Uunits 29 Jagdgeschwader 7 'Nowotny' 978-1-84603-320-9 Osprey
7-3 Aircraft of the Aces 17 German Jet Aces of World War 2 1-85532-634-5 Osprey
7-4 Aircraft of the Aces 101 Luftwaffe Viermot Aces 1942-45 978-1-84908-438-3 Osprey
8 Jagdwaffe V5 Sec4 Jet Fighters And Rocket Interceptors 1944-1945 978-1-903223-52-9 Classic
9 Yellow Series 6105 Messerschmitt Me 262A Schwalbe 83-916327-3-3 Mushroom
10 Monogram Close-Up 17 Me262 A-1 - Monogram
11 The Official Monogram Painting Guide To German Aircraft 1935-1945 - Monogram
12 Monografie Lotnicze 30 Me 262 Schwalbe cz.1 83-86209-48-1 AJ-Press
13 Monografie Lotnicze 31 Me 262 Schwalbe cz.2 83-86209-60-0 AJ-Press
14-1 Miniatury Lotnicze 3 JG 7 Nowotny 83-89088-01-0 Kagero
14-2 Miriatury Lotnicze 18 Me 262 in combat 83-89088-70-3 Kagero
14-3 Miniatury Lotnicze 33 Me262 Units 83-89088-58-4 Kagero
14-4 Bitwy Lotnicze 03 Me262 978-83-60445-30-3 Kagero
15 Messerschmitt Me 262 Development Testing Production 0-88740-516-9 Schiffer
16 Messerschmitt Me 262 Arrow To The Future 0-88740-665-3 Schiffer
17 The Luftwaffe Profile Series No.1 Messerschmitt Me 262 0-88740-820-6 Schiffer
17 Luftvaffe At War 10 German Jets 1944-1945 1-85367-356-0 Greenhill



Wings Of Pegasus HOME