M5A1 スチュアート 1/48 オリジナル3Dモデル 製作記

2022.7.6初出

M3製作記




最終更新日

3Dダウンロードリンク



■ はじめに 

 M3A1スチュアートは、プリントと組み立てに着手したところ。それと並行で、M5の設計に着手する。予定としては、後方が拡大された新砲塔とその右舷の追加装甲板、丸型起動輪、お皿型転輪と誘導輪、ヘッジローまでは設計。後期の車体後方雑具箱とサイドスカートは今のところ予定なし。つまりはM5A1前期型つうことだね。製作記はM3とは分け、ダウンロードファイルは一括でM3のページに掲載する。


■ 車体の設計 

 いきなりつまづく。車体の基本形状、寸法が決まらないのだ。「資料」としてタミヤのM5を入手するが、古いモーターライズ版M3スチュアートをベースにしたもので、足回りの寸法が現行M3A1と合わない。車体の寸法も、全長(※)が3mmほど短い。

 そこで、手持ち文献各種にある図面とAFVクラブのインストの図面(ネットで入手、キットは未所有)を重ねてみるが、どれも見事にバラバラ。遠方真横の実車写真はないので、写真から寸法は推測できない。さてどうしよう。そこで、以下の仮定に基づき、最大公約数的に「えいやっ」と線を決める。

※ 全長は、こちらのサイトによると、砲とスカート除きで170.8inで砲のオーバーハングは4.0inとなっている。一方、先日入手の公式マニュアルでは、M5の全長は174-3/8in(砲を含む、M5にはサイドスカートはない)となっており、オーバーハングを差し引けば、実寸で1cm程度の差があるが概ね同じ数字となる。


<車体設計の仮定>

  1. タミヤM3A1は実車取材に基づいており、基本的寸法は正しい。(←本当かどうかは知らん。しかしこれを疑うと、M3A1の3D設計が根底から崩れてしまう。傍証:全長、全幅、トレッドなどはマニュアル記載値の許容範囲内の誤差)

  2. 上記サイトの車体全長170.8inは正しい(ただし、車体後面の工具を含むかどうかは不明。とりあえず含まないものとする。前端は履帯の最先端とする)。

  3. 同じサイトにある車体前面装甲板、車体後面斜め装甲板の角度は正しい(それぞれ垂直から48度、49度)

  4. 車体前下部の鋳造製デフカバーはM3と共通(それを裏付ける実車写真あり)。足回り(履帯、起動輪、シャシー、アイドラーホイルなど)の配置も当然M3と同じ。

  5. 車体上面および車体上部下面の高さ(つまり側面装甲板の上下端の高さ)はM3と同じ


 上記仮定に基づき線を引く。砲塔位置を同じとすると、正面装甲板上端との間隔が狭くなり、操縦手ハッチ関係が苦しくなる。砲塔を2インチ(1/48で1mm)後ろに移動すると、まずまず写真どおりかな。それが下画像だ。砲塔はとりあえずM3A1のもので、つまりこれはM5A1ではなくてM5ってこと。



いつもと異なり、画像はパースつき。車体前面のディテールがないので、間延びして見えるな。

車体上部側面装甲板の形状は、実車写真に合わせる。



■ 車体設計補足

 車体前下部のデフカバーの位置から、前面斜め装甲板の前端位置が決まる。その上端位置や、側面装甲板の折れ曲がり位置などは、操縦手ハッチの面(角度7°と仮定)との関係から決まってくる。砲塔の跳弾リング(というのか知らんが)は、そのハッチの面に少しだけ食い込む。この食い込み具合で砲塔位置を決める。

 車体上部後方が悩ましい。特に最後方の垂直面の上端、下端、左右端の位置。各図面やキット図面などを参考にざっと設計して、実車写真の見え方と比べながら、微調整する。普段、Fusion360での設計は、平行投影でやっているが、実車写真はパースがついている。画面右上の家アイコンで、投影法を切り替えて確認する。



こちらパースなし、平行投影の図。真横からの視点。

同じく真横でパースあり。後端の斜め装甲板の見え方が、左画像と全然違うでしょ。


 結果として、タミヤとは車体後部がかなり違う。タミヤのは、例えて言えば、上のパースつき側面図をそのまま図面にした感じ。またAFVクラブともピッタンコではないし、手持ちのどの図面とも合ってない。とはいえ、上記仮定に従って線を引くと、こうならざるを得ない。仮定が違うなどのご意見、あるいは各部の実測値などの情報があれば、是非お知らせ願う。


■ M5A1砲塔 9/13 追加

 M3が完成したので、M5をどんどん進めるぞ。車体基本形の次は角型砲塔だ。設計上の仮定として、前半の基本形状はM3の馬蹄形砲塔と同じとする。後方に四角く拡大された部分の寸法は、上面写真(やや斜めで近い)、側面写真から計算する。

 もう一つの仮定は、ペリスコープとその基部の寸法はM3A1と同じ。ところがタミヤM3A1を「参考」したペリスコープが、M5A1のハッチと装甲板折れ線の間に納まらない。実車写真などから、タミヤのは少々過大と判断し、拙作M3A1と併せてサイズ変更する(このくだりはM3A1製作記も記載してある)。

 砲塔右側の追加装甲板は別ボディで「なし」も可とする。この形状、サイズも実車写真から計算するが、真上、真横ではないので、ちょっと精度は甘いかな。



大体の形が出来上がる。前側のペリスコープがキツキツ。車外機銃と機銃架がまだ。

ハッチは最初から別ボディとして設計する。まだ穴をくり抜いていないが。グローサーは、とりあえずこれだけ。

防盾は、Blenderで設計してFusion360に取り込んでいる(M3製作記参照)。そのため、画像では細かいメッシュが描かれしまう。

防盾のアップ。ちょっとやり直したい部分もあるのだが・・・



■ 車体前面

 砲塔の詰めは後回しにして、次は車体前面。タミヤのM5は古いのでいまいち正確でなく、そのまま「参考」にできない。実車写真から、各パーツのサイズや位置を計算したりして、結構手間がかかる。機銃基部の盛り上がりは、ロフトで基本形を作ってエッジをフィレットで丸める。ライトガードは、よく見ると垂直でなく、やや前傾している。



車体前面とりあえず終了。全体が出来たら、細部の位置関係を再調整しよう。

砲塔と合わせた全体形。ここまでくるとM5A1らしくなってくるね。


 次は車体ハッチと上面ディテール。


■ f問題

 数日前から会社デスクトップでfが使えなくなる。正確に言うと、fのプログラム更新が出来なくなり、そのため、家で作業したファイルが開けず、事実上使えない状態。情報室にも骨折ってもらってファイアウォールなど緩和してもダメ。かくなる上はノートを買って会社に持ち込むしかないか(購入費だけでなく、ネットアクセス(※)と通信費用の問題がある)と思ったが、会社のノートはOKで、とりあえずセーフ。

 推測するに、デスクトップはサーバを介してインターネットに接続しているので、f側が会社使用というのを検知して、更新を制限しているのではないか? ←ライセンスは商業利用不可なので。一方、ノートは携帯電話回線でもネット接続できる設定なので、検知されてないのだろう。

 最悪の事態は回避したとはいえ、ノートは画面が小さく、テンキーも使えないので著しく不便。そこはデスク用の大きいモニタとキーボードを繋ぐことでクリアする。しかし、その都度切り替えるのがえらく面倒。デスクにある画像を取り込むのも、いちいち切り替えてUSB出力だ。はあ、世知辛い世の中よ。なお、この件、いろいろビミョーな問題をはらんでいるので具体名は伏せておく。←バレバレやがな

※ オフラインでも、一応作業は可能。ただし事前にオンラインでファイルを開いておく。作業後にクラウドに保存するためには、その都度PCを家(ネット環境)に持って帰る必要あり。


■ 続、車体&砲塔 9/28 追加

 昨日はモデルナ社オミクロン株対応4回目を接種。夜には38℃の熱が出たけど、今日はだいぶマシ。でも大事をとって会社はお休み、ページ更新。

 車体上部、後部のディテールを追加して、車体の設計がほぼ終了。後部上面の手掛けやストラップの留め具の配置は、時期によってバリエーションがある。また、当然ながら後部に雑具箱が新設された後期生産型では、後部の工具類の設置場所も異なる。だから、ここらあたりで設計する車体の生産時期を決めないといけない。砲塔の追加装甲板も魅力的だが、記録写真で多数目にするのは装甲板無しの前期生産型。ということで、デフォルトの設計としては、これにする。一応、追加装甲板も差し替えできる。ただし、追加装甲板ありで、前期型の手掛け&留め具の配置の車体があるかどうかは不明。

 以下、設計メモ。車体ハッチは、一応別ボディとしてある。ただし、裏側や車体の穴などは設計してない。そのヒンジは、押し出しとフィレットでナンチャッテ設計。実物は場所によってエッジの丸みのRが違うが、私の個人用fusionではそういうフィレットはできない(※)。ただ、実車どおりにするなら、プリント後にペーパーで削ってやれば、簡単に再現できるから、これはこれでヨシ。

 砲塔には、グローサーを配置。左側は、後期になると一つながり24個が並ぶ。前期は中央の10個を取り除いた状態とする(実際は知らん)。したがって、非表示の10個を表示すれば、後期タイプになる。砲塔は、もう少しやり残しがある。あと、サーチライト、MGマウント、MG、アンテナ基部、ペリスコープガード、手掛けを追加する。また、防盾後端がちょっと違うので、これも直したいな(Blenderで簡単に直せると嬉しいけど・・)。

※ ネットを見てると、フィレットの直径を変化させている例がある。ただ、私のはできない(やり方を知らないだけ?) もしかすると、課金版だとプラグインかなんかでできるのか?





 車体後部の台形状に盛り上がった部分の寸法は、側面写真から厳密に計算する。しかしその結果、台形の斜面上にあるメッシュと砲塔基部との間隔が、やや窮屈。拙作は、テキトーに誤魔化してある。このあたりの真実は不明。もっとも、砲塔のオーバーハングでよく見えない。前方のメッシュは、写真をよく見たら、もっと細かいようだ(タミヤは同じ)。あとで直そう。

 後下部のディフレクターは、前期生産型では見られない車両多数。ということで省略。牽引フックも多分同様。予備履帯の装着方法は、時期によってバリエーションがある。おそらく前期は概ね拙設計のとおりだと思う(バリエーションはあるみたい)。細部はよくわからない。現存車両は、後期生産型が多く、前期のディテールが分かる写真が少ない。乏しい資料で「えいやっ」と設計しているので、間違いもあろうかと思う。お気づきの点があれば、連絡願う。





 ところで、M5の防盾は頬がコケていて、何でだろう?と思ってたんだけど、これ、車体ハッチをクリアするためなんだね。M3タイプでも多分クリアはするんだろうけど。(ま、私の3D設計の正確度はそこまで厳密でないから、実際のクリアランスは不明)



M5A1の防盾。頬がコケてるから、ハッチが余裕でクリアする。しかし、こうやって並べると、基本形状からして違うことが分かるね。

M5のM3タイプ防盾。M5A1では一回り大きくなった分、コケが必要になるのかな。


 後部の斜め装甲板の両脇に板状のツールが見られる。この詳細が不明。クリアな写真をお持ちの方、ぜひご連絡願う。そもそもこれ、何に使うの? 



この赤丸のパーツがよくわからない。情報求む。


 いずれにせよ、次はスプロケットとホイール、ヘッジローだ。お持ち帰りファイルの公開は、もう少しお待ちを。


■ データ盗用事案

 先日、とある3Dデータ投稿サイトに、私のスチュアートなどの3Dファイルが勝手に投稿され、小遣い稼ぎに使われるという事案が発生(FBのグループ3D48th参照)。私には何の断りもない。さっそく本人とサイトに警告メールを送る。いや、別に使うのは構わないのだが、作者に何の断りもなく、しかも、さも自分が設計しているかのように振る舞うのはダメでしょ。最低限、作者名、出典サイトを明記し、使用料はタダにしてもらいたいな。




■ 3Dデータファイル

 設計途中なのでM5のお持ち帰りファイルはまだない。

M3データファイル一覧





Wings Of Pegasus HOME