フォッケウルフ Fw190A-5 エアフィックス 1/72 製作記

図面のページ D-9製作記




最終更新日




■ はじめに 10/30追加

 ハセD-9に手を付けたら、比較でエアも組みたくなる。つうことで、2機同時進行なのじゃ。ハ、ハンターが・・・ さておき、外形はキットなりでそのまま。ただし、どストレートでは面白くないから、鼻筋のバルジを削ってA-5にする。その方が、基本形状が素直に分かるし。
 しかし、ハンターは最近忘却の彼方だなあ・・・。図面も途中で休止状態だし。ま、そのうち必ず始めるので気長にお待ちを。


■ 組み立て

 こちらは、基本的に素組み。合わせはエア標準なので、丁寧な擦り合わせは必須。そのままだと、風防付近の胴体が、やや太めになり、ガンカバーと段差が出来る。計器盤の左右を0.5mmほど削る。ここは読者諸兄も是非実行されたし。ガンカバーは、瞬間+プラ粉で裏打ちして削る。後端の段差を残そうとすると削りが大変。一旦真っ平に削る。

 主翼とフィレットの間には大きな隙間が発生。プラバンを挟んで瞬間で固める。主翼後端は分厚く、前縁もダルい。ここはNACA23000翼型になるよう、定規に貼った240番ペーパーで盛大に削る。その他、各所の段差、隙間、太いスジボリを瞬間で埋める。



まず一の字。ガンカバーの段差は、まだ残ってる。コクピットはスルーするので、まだ色も塗ってない。

主翼を接着して十の字。エアオリジナルのキャノピを乗せてみる。

鼻筋はこんな具合。基本的にバルジを削ったのみ。

この角度からだと、細さがよく分かる。この段階ではガンカバー後端の段差は削り落としてある。



■ キット評

 図面のページのキット評は仮組みでのもの。十の字になったところで、改めてキット評。合わせを調整して接着した後に、各部主要寸法を測ってみる。これが驚くほど私の図面とピッタリ。そういや先日タイムマシンで・・(やめれ)。推測だが、現存機を3Dスキャンしたのではないかな。オリジナルに忠実な現存機もあるし(図面ページのA-5など)。ただ、A-8のガンカバーのオリジナルは残ってるんだっけ? だから、微妙な膨らみ加減に関してはノーコメント。

 ともあれ、ガンカバー下端の幅、風防の幅は誤差0.1mmもない。惜しむらくは、カウルの長さは0.5mm過大。先端のリングが厚いのかな。主翼下面パーツがまた良くて、フィレットに挟まれた胴体が丸く膨らんでいるところが、よく再現されている。古いキットは皆ここが平ら。あと、垂直尾翼の前縁が尖って、ちゃんと翼型になってるところも高評価ポイント。旧来キットでは、四角い胴体の影響で前縁が平らになってるのも多いよね。それじゃあ、空気抵抗あり過ぎだっつうの。


■ A-5から-7の胴体下部

 ポーランドの読者より、A-5から-7の胴体下部の情報を頂く。感謝。主翼後方の胴体下面にあるアクセスパネルのサイズ、形状は従前の図面とは異なるとのこと。頂いた現存実機写真を元に図化するとこんな感じ。横幅は、画面に写ってるメジャーの目盛を読むと約14.5インチ。長さは左舷パネルと同等 約500mmとのこと(後日訂正、図面も訂正)。図面のページのA-5側上面図に当該部の下面図を追加して差し替える。



翼型図など余計なものは無視してくだされ。







■ 参考文献

 参考文献は図面のページに記載。




D-9製作記へ



Wings Of Pegasus HOME